アニメーターの仕事内容

アニメ制作の中でもアニメーターの仕事は直接キャラクターを描くなど労力やセンスの問われる仕事となります。
仕事内容は単純な感じがしますが、キャラクターは全てに統一性がないと成り立たないため、特殊な能力が問われます。
アニメーターはほとんどがフリーランスとして活躍していますので、基本的には仕事を受注した分だけ収入に繋がる歩合制となります。
制作会社に正社員として勤務しない限りは給料ではなく報酬となりますので、平均額が把握しにくい職業となります。
若いうちは収入が低いのも特徴ですが、他の業種と比較しても収入は低いと言えます。
アニメーターの収入の基準として、原画では1枚2500円程度ですし、テレビ用の場合には1枚200前後となるのが一般的です。
たくさんの枚数を描かなければ収入にならないため、ひたすらに書き続けることが高収入への道となります。
ですから、未経験からはじめても良い結果は得られませんので、専門学校や大学で基礎から学んでおくことが大切です。
専門学校は2年制が一般的ですが、大学では4年制ですから幅広く学ぶことが可能です。
アニメーターは働き方で環境も収入も変わりますが、フリーランスとして働く場合には早く実力を身につけることが大切です。

アニメーターの仕事内容関連ページ

アニメーターになるには
アニメーターになるには
アニメーターの給料
アニメーターの給料