アニメーション制作の仕事内容

アニメーション制作の仕事内容は、ストーリーを作り、キャラクターを設定し、アニメのシナリオとなる絵コンテを描くところから始まります。
それらを元に絵を動かし、背景や色彩、セリフ、音響が加わり、撮影と編集を経て完成します。
それぞれの分野には担当者がいて、自分の割り当て分をしっかりとこなします。

 

例えば、ストーリーや絵コンテは監督が、登場人物はキャラクターデザイナーが、絵を動かすのはアニメーターが、背景は美術担当が、といった具合です。
色彩や音響、撮影、編集にも専門家がいます。声を付けてキャラクターに命を吹き込む声優もいます。

 

アニメ監督は作品の演出も行い、全体的な世界観を生み出します。
全ての流れにかかわり、感覚のズレが生じた場合は、担当者に再度依頼し、訂正や修正をしてもらいます。

 

作品に全てを注ぐ監督がいる一方で、プロデューサーは監督が作品に集中できる環境を作ります。
制作スケジュールを管理したり、制作費を管理したり、宣伝広告などにも携わります。

 

現在のアニメーション制作は、デジタル化が主流となっているため、それらを使いこなす技術を持った人材が求められています。
アニメ専門学校などで専門的に学ぶことで、現場で動ける知識や技術が身につきます。

アニメーション制作の仕事内容関連ページ

アニメーション制作の仕事先
アニメーション制作の仕事先
アニメーション制作の給料
アニメーション制作の給料